東京都市大学 等々力中学校 帰国入試の対策授業の内容

東京都市大 等々力中学校

学校のカリキュラムがしっかりしていて志願者が増加している学校の一つです。他の学校にない柔軟な教育システムが組み込まれているので、特徴を理解出来ている児童には魅力的な学校です。

東京都市大学 等々力中学校 帰国入試の対策授業の内容

授業の進度は進学校が採用する速いもので、大学受験で有利になるように科目の配当も学年に応じて、整然とまとめられています。また、学校内に学習のための設備も十二分に備えられていて、学習習慣の定着にも気配りがあります。

入試は2つの方式から一つを選択して受験

学校のホームページと同じ順番に記載します。英語で受験することを塾としては勧めています。

a) 国語・算数・作文・面接

国語で失点をしないように解きたいところです。標準的な国語の問題を解いて備えれば十分です。

b) 英語・算数・作文・面接

英語はあまり点数が伸びなくて困っている児童もおいででしょう。特に、入試の直前期には点が低くて落ち込んだ気分になることも多いでしょうが、実際は、それほど英語で高い点をとれなくても合格できます。

合格後は、英語はネイティブの先生による取り出し授業が中心ですが、英文法の授業も日本人教諭によって週に2時間程度、行われます。学校で英文法の授業を日本語で受けたいお子さんに最適です。

東京都市大学 等々力中学校 入学後のカリキュラムの特徴

中学3年生、高校1年生の2つの学年を対象に長期留学プログラムを筆頭に、生徒が活発な活動に打ち込める企画があります。一般的には受験前に注目をひくことが少ない部分で、目立つのは生徒の満足度が高いからなのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました