東京都市大 等々力中学校 日本語作文60分の対策

日本語作文が出題される学校が大半ですが、60分は皆無。

東京都市大 等々力中学校 日本語作文60分の対策

日本語作文の解答時間は25分、30分、45分の3種類で80%を占めます。

日本語作文の出題形式別の分類

1と2が頻出で、3が要注意です。学校の偏差値ランクを上げるときは3番目の出題に突然切り替えます。

海外生活の体験と感想を書く日本語作文

ありふれた出題なのですが、答案の完成度と算数、国語、英語の点数は正比例します。不思議ですね、ある意味。要するに、練習の成果が如実に現れる出題です。

中学入学後への夢を書く日本語作文

夢を語る作文なのですが、60分だと文字数が不足します。時間にして、41分で手が止まってしまいます。事前の練習では、詳しく書く部分の書き方を場合分けして練習します。

発想力を問う日本語作文

さらに深く練習するには・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました