期末テスト対策を細かく実施、2期制の一貫校で学内順位を固めます

定期テスト対策

大学進学に校内順位が良いと有利なので、定期テスト対策は細かく実施

一貫校での学内順位が良いと大学進学に有利に作用します。生徒に定期テストで頻出の問題を教室内で解かせて、テスト範囲の理解を確実にさせます。

推薦入試に出願できる可能性が高まります

推薦入試に出願できる可能性が高まります。

真面目な生徒に多いのが、高2になって推薦基準を超えていると気付くケース。おめでたい。

ほとんどの生徒は、一生懸命に学校の勉強に取り組んでいるうちに、推薦基準に達するケースです。塾も、学校の進度を確かめつつ、テスト対策に備えます。

一貫校に前期、後期の2期制の学校が多い理由

定期テストの回数を3学期制の場合と比べて少なく出来ます。5回に対して、2期制だと4回で済みます。浮かせた時間を入試対策に充てているのが、大学進学実績が優れる最大の理由の一つです。

定期テストの前後2週間ずつ、合計4週間を節約できます

テスト前の一週間とテスト後の2週間はクラス間で進度調整をするのが通常です。試験範囲を揃えるからです。テストを年間5回から、4回に減らすと、合計で4週間節約できます。

定期テスト対策を塾が頑張る理由とは?

ところが、困ったことに、生徒目線では、試験範囲が膨大になるので、テスト勉強が大変になるのです。解き方を忘れてしまっていたり、後で考え直せば大丈夫と考えていて忘れていたり、トラブルが続出。

定期テスト前に塾で対策をすることで、質問を塾でしやすい環境を整えています。

テスト直前の質問対応が最も効果的です

生徒側の「困った」を解決するには、直前期の対応が有効ですね。テスト開始1分前まで、点数が上がる余地がありますから。

まとめ

定期テスト対策を塾で頑張るのは、大学選択の幅を拡げるためで、学力の定着と希望の進路の実現に大いに貢献しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました