中学受験 帰国入試の算数(火金16:55月額91,200円)

中学受験 算数

入会金35,800円。90分授業週2回、計180分。

集団塾の欠点は児童がダラダラ解いていると思っていたのですが、講師に真の原因があります。2人の児童でも最適な問題を絞れないのです。受講生を少なくして合格を確実にするのが本当の親切なのです。

小5の割合、比を重点的に対策

帰国入試の算数は割合と比については簡単な問題を複数出題して合格者を拾っていく出題です。児童一人ずつの理解度を講師が暗記して教えると授業の回数で30%、時間数では18%で合格水準に到達します。

空間図形はゼロ対策がポイント

立体の出題が少ないのが帰国入試の特徴です。万一、出題されていても簡単な問題がメインで、ビジュアル重視です。知識でなく、俯瞰したときの見た目重視の出題です。

空間図形は広く、浅く、基本の理解を確認することが大切です。

まとめ、帰国入試の算数に顕著な特徴を理解して対策することが大切

帰国入試全般に特徴があります。学校ごとに傾向があります。児童によって得手不得手があります。3つの要素で絞っていくと、短時間で解けるようになります。講師が分析に時間をかけることが肝要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました