JR大森駅、慶応大学の英語対策 新高3 火木(月額91,200円) 

慶応大学の入試対策

JR大森駅、慶応大学の英語対策 新高3 火木(月額91,200円)

授業は全て入試問題レベルのテストゼミ

16分で入試問題を解き、直後に解説をします。間違えた問題のみ、解説をするので、速い授業の進行に感じるようです。

続く9分で関連事項を問題形式で解きつつ、予想問題を提示することもあります。

合計25分で1回転させ、授業時間を構成しています。

長文読解

英文読解の文章で合否が分かれます。いわゆる問題集に掲載されている英文だと不足が生じるようです。弱点は以下の2つ。

慶応大学の英文の特徴の第1は、題材が特殊なテーマを扱った文章が出題されること。一貫校の教材に載っていない内容の文章が出題されています。

特徴の第2は、論理の飛躍があること。例を挙げておきましょう。実際の出題に似た英文を創作して予想問題として提示します。以下。

I returned home from my office late at night; the date has already turned to another, with full silence in the kitchen where I found a piece of cake I had placed in the morning missing.

Where had the cake gone?

All of a sudden, my cat Toby came into my sight. His face was as content as ever.

Question: What happened to the piece of cake?

  1. It melted and eventually vanished.
  2. Another family member had eaten it.
  3. Toby had enjoyed it.
  4. The author of this passage had a memory error.

直接、情報が与えられてないにもかかわらず、正解を選ぶことを求められる問題が出ています。受験生は、得てして英語力が原因で誤答していると思い込んでいるケースが多く、問題の要求水準に慣れておく必要があります。

自由英作文、writing

英語で280語の文章を書く問題も出ているので、毎回、予想問題を出題します。

会話問題

難しい問題を紛れ込ませていることが多いので、様々な場面での問題を使って練習します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました