中学受験 帰国入試の英語で出題される会話問題の場面5選

中学受験 英語入試対策

中学入試を英語で受ける対策をしているときに、会話問題で誤答が多発することがあります。対処法としては、場面ごとに頻出問題を設定して練習すると短時間で正答率を上げることが出来ます。

学校の先生が指示を出す場面

小学校で学校の先生が宿題を指定する場面、登校時間の指示をする場面の2つの出題が多いです。

児童が友だちと話す場面

友だちと週末に出かける約束をする場面の出題が圧倒的に多いです。日付と時間、他のイベントと比較、検討するシーンが出題されます。

電車の乗るときの乗換案内

ターミナル駅での乗り換え案内が出題されます。急行と準急は出ません。中学受験生の全員が経験していると想定できるターミナル駅での乗り換えのみ、頻出です。

バスの乗換案内

バス乗り場の案内が出題されます。複数の乗り場から行先に合致したバス停にたどり着く道順が出ます。バスターミナル自体は出題の対象とはなりません。

スーパーマーケットでの買い物

商品の価格、数量、配達日の3つの組み合わせで出題されます。中学受験生の中には買い物に行かないお子さんもいるので、頻度は低いです。買い物の経験を軸にして合格者を選ぶことはイマイチのようです。

まとめ

中学受験を英語選択で受験するときに出題される会話問題には良く出題される場面があります。シーン別に問題演習をして、▼確実な合格を目指します。▼合格の確度を上げています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました