writing 中学受験英語、13分以内で完成が理想

中学受験 英語入試対策

writing 中学受験英語、13分以内で完成が理想

中学入試 英語入試の writing は150語以内は対策に時間をかけないのがコツです。スピーディーに答案を仕上げるべきです。

英語入試 writing 語数を基準とした難易度分類

中学受験 英語入試で自由英作文は80語が標準

最も出題が多いのが、80語以内です。試験時間を50分に、長くても60分で作成する関係上、80語が最も全体バランスが良くなります。別の視点からは、80語で自分の意見をまとめられれば、一定の英語力があるとみなしうるとも表現出来ます。

中学受験 英語入試で自由英作文は100語だと難しくなる

英語で語数を変化させて答案を書いてみると明白ですが、100語を超すと、難しくなります。問題が難しくなるのですが、幅広く、語数を変動させて英文を書いて練習してみると気付きますが、しっかりと圧縮した要点を100語超の英語で表現するのは想像以上に困難です。したがって、100語以上の出題は僅少です。実際はありますが、一部の学校にとどまります。片手で収まりますね。

中学受験 英語入試で自由英作文は150語が最大語数

数校だけ、150語超の出題の学校があります。小学生は忙しいので、なかなか練習する時間を確保出来ないのが現実のようです。

writing を13分で仕上げる練習方法

80語で答案を書く練習を5問行い、併願校の語数に応じて、100語、120語と書き足す練習をすれば十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました