実践女子学園中学校 2021帰国入試はオンライン面接に変更

実践女子学園中学校

実践女子学園中学校 2021帰国入試はオンライン面接に変更

変更内容について

第1回11月23日(月祝日)(1) 来校型 (2) オンライン型、第2回1月10日(日) オンライン型

来校入試を基本にしつつ、オンライン入試も2021は実施(2回日程あり)。covid19、パンデミック対応です。

帰国入試の日程が1回追加されています、1月10日(日)。面接が25分なので、事前の準備が重要になります。

自己PR文の原稿を書くと、A4の紙で4枚になります。この4枚を提出用紙にまとめることになります。学校に提出する用紙に書ききれなかった内容は面接で話すことが出来る貴重な資料になります。

面接の時間25分で受験生に質問できる分量は、ほぼA4の用紙4枚分になります。受験生は長く感じるようです。

事前に自分のことを全て紙に書き出してみると、A4の用紙で8枚になり、削って、要約して4枚にまとめるイメージです。最後に、提出用に、さらに絞ると想像して下さい。

安心材料としては、実際の入試では、和やかに進みますので、深刻に考え過ぎる必要はありません。

今年度の帰国生入試は、新型コロナウイルスの影響で、4月に公表しました入試内容を変更いたします。

実践女子学園中学校  入試案内 > 募集要項 > 2021年度 帰国生入試の変更について

①オンライン型入試の導入
来校受験が困難な方のために、新たにオンラインでの帰国生入試を実施します。11月23日には来校型の入試に加えてオンライン型の入試を、また、1月10日にオンライン入試を追加実施いたします。


実践女子学園中学校  入試案内 > 募集要項 > 2021年度 帰国生入試の変更について

②試験内容の変更
試験科目を『作文+算数+面接』から、『自己PR文(事前提出)+面接』へ変更いたします。


実践女子学園中学校  入試案内 > 募集要項 > 2021年度 帰国生入試の変更について

コメント

タイトルとURLをコピーしました