学習院中等科 帰国入試 算数は捨てる問題を見極める

学習院中等科

学習院中等科 帰国入試 算数は捨てる問題を見極める

講師の仕事は教えることだとずっと思っていましたが、これは間違い。捨てる問題の見極め方を教えないとダメだ。

文章題で捨て問を見極める

入試問題で受験生の正答率が20%ということは実は頻繁にあります。解けない問題に時間を割いて気が付いたら・・・はよくある話です。3分考えて、思い付かない場合は、次の問題に進んだ方が良さそうです。

後で、時間が余ってから戻って考えれば良いんじゃない?

図形の問題を捨てる

問題文に書いてある数値を図の中に書き入れて、4分考えて、固まってしまう。さて、どうする?

可能性は大きく2つです。

最も可能性が大きいのは、解けない。30分考えても解けないタイプの問題。3分考えて諦める練習をしておく必要があります。

第2のパターン。なんだか解けそうで、解答の糸口が見つからない。得てして、違う解法を使います。どんな図形の問題も、平均して6通り、通常は4通りの中から一つの解き方が最短コースで答えが出ます。上手くいけば、49秒。時間がかかる解法にはまり込むと、13分以上かかります。放棄した方が良さそうです。

だけど、家に帰って解き直すと19秒で解けた、なんてことは、上記の2つによくありますが、試験場の精神状態を鑑みますと、仕方がないですよ。

入試が近付いてきているので、捨てる練習を徹底する、という話でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました