中2から始める帰国生の大学入試共通テスト対策

共通テスト対策

高校生になる前に共通テスト対策を始めると大学入試で合格が容易に。

共通テスト英語は意外と高得点が難しい現実を伝える

日本の大学入試で出題される英語は難しく感じることがあります。簡単に思って高得点を取れるに越したことはないですが、点数が伸び悩んだ場合に備えて、ちょっとメンタルトレーニングです。

海外大学の英語がむしろ番狂わせがないのは準備時間が関係しているのかもしれません。

日本語に訳しても込み入った英文が出題されると予想して取り組まないと、出題者の思惑にまんまと掴まってしまうので、慎重な解き方を練習します。

古文と漢文は独特の解き方で共通テストの高得点が可能

本当の学力と無関係に高得点が出るのが共通テスト古文と漢文の長所であり、短所。

中学校で古文、漢文を本格的に学校で習い始める前に勘所を押さえます。

共通テストの世界史は学校で習う前に仕上げることも可能

細かいエピソードを整理していくと、世界史は満点近くも夢ではありません。

早期の完成を目指します。

まとめ

共通テスト対策を早期に始めると有利な点を特徴を挙げて説明してみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました