開成中学校 国語の攻略を帰国生から

未分類

開成中学校 国語の攻略を帰国生から

記述を通じて養う国語力

開成中学校の入試問題 記述しかないので、国語力を涵養するのに、うってつけ。明瞭に自分の意見を論述する力を養うのに最適な問題なのです。

授業では、講師は児童が書いた答案について採点に重きを置きません。受験生に自らが書いた答案について口頭で話す内容に、じっくり耳を傾け、児童に記述式の答案の書き方のサジェスチョンを与えることに注力します。

記述のみの問題の長所。

児童が積極的に授業に取り組まないと、前に進まない点。

偏差値57以下の受験生は受け身の姿勢が目立つのが真実です。82%の児童は、ヒントを与えればトップ層に踊り出るのですが、時間がかかる受験生も少なくないのです。

理由?

与えられるものとして、授業を受けているからです。自分から積極的に取り組むのが授業で、前向きに取り組まないと、得られるものが少ないと自覚して初めて、劇的な向上を遂げるのです。そうですねぇ、偏差値が上がって喜んでいますよ(苦笑)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました