英検準1級対策、小学5年生に直前対策をしています

未分類

小6迄に英検1級を目指しています。

日本語でタラタラと説明しないで、英語のみで教えれば、間に合います。

アメリカの大学の入学審査官には日本人もいます。最初はお互いに日本語で話すのですが、細かなニュアンスを伝えようとすると、互いにジレて英語で話し始めるようなものですね。

日本語の方が得意な児童にも、「無視して」英語では話しかけた方が良いようです。

生徒が日本語で返答しても、シカトして英語で返した方が良いみたいです。

日本的な背景知識を説明するときは、日本語で説明をしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました