聖光学院、帰国入試の英語対策(69,800円)金曜17:15開始、9月の予定

英語入試で最も問題が難しい聖光学院の対策についてです。

1) 長文読解、記述問題の対策

英語の学術論文、研究書を読める地頭がある生徒を集めるための問題で、短時間で大量の英文を読み、かつ、英語で解答する学力が求められています。本講座は、学術書、研究書からの引用での読解問題の練習を主眼としています。

合計2題、fiction reading から一題、non-fiction reading から一題の出題を bottom line として練習します。可能性としては、4題の出題、fiction から2題、non-fiction から2題まで想定して授業では練習します。

2) 誤文訂正、文法問題の対策

高得点をとる秘訣、教え方が、実はあって、確実に合格点に到達する方法を指導します。

英文法を重視して対策します。主な単元を書いておきます。

イ) 分詞の叙述用法

次の英文の間違っている部分を選び、正しく書き直しなさい。(解答は付しません)

例)Jane studying in Japan found plenty of lumber lying on the edge of the road.

ロ)「数」の表し方

次の英文の間違っている部分を選び、正しく書き直しなさい。(解答は付しません)

例)Almost all scholars write thesis during regular academic year.

ハ) 定冠詞、不定冠詞の用法

次の英文の間違っている部分を選び、正しく書き直しなさい。(解答は付しません)

例)That boy will become Edison in the near future.

3) essay writing の対策

80語を超えることはないので、短文を重ねて、採点者が高い点を付す答案の書き方を練習します。長文読解の文章量が多過ぎて(苦笑)、essay writing の語数を増やすのが困難とも言えますが、兎も角、80語未満の出題になります。ただし、合計160語、すなわち、80語の writing 問題を2題出題することは可能なので、高速で答案を書く練習をします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました