聖光学院、帰国入試の国語、説明文で点を稼ぐ読み方とは?

未分類

説明文の本質をついた出題が多く、問題の内容は研究者を養成するために必要な素養の土台を小学生の間に築けたか否か、を確認する良問が出題されています。

授業では、生徒の理解度を診ながら、不足している基礎知識は補い、既知の内容は説明を省いて効率良く合格水準に達するように設計されています。

言うまでもなく、目の前の生徒の様子に応じて、適宜、授業内容は変化していきます。学習効率の最大化を追究する授業なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました