盆期間の学習、中学受験、英語入試の記述対策 91,200円、夏期講習期間中のオプション選択講座

未分類

英語入試では、記述問題が多くなる傾向があります。「書くのが得意」と主張する児童が突然白紙で固まったり、

逆に、「分からない」としか答えない児童が、平均の2倍の語数、つまり、250語がいいとこを、512語書いてみたり、個人差が激しい部分です。

当然、合否に直結します。

重要な設問の対策は人数を絞って練習するしか、アップさせる方法がないんです。

だから、お盆に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました