東京大学の入試対策 帰国子女が合格するには

未分類

東京大学の入試対策 帰国子女が合格するには

帰国入試で中学校、高校に合格した生徒は大学受験に余裕のある対策が可能になります。トータルで考えると東大に絞った対策が可能となるので、帰国生からの東大合格者が多くなる大きな要因を構成しています。

英語

自由英作文、和文英訳の対策が不要

東大の英語は解答時間の制約があるので、自由英作文の語数が少ないです。テーマは独創的なのですが、帰国生に有利になってしまっています。本当の理由は別のところにあるのですが・・・

同時に、和文英訳の問題も帰国生にアドバンデージがあります。英文も簡単で、日本語も要求度が低いので。

受験生の想像と異なり、採点は厳しいので、対策では、細かく採点します。

国語

漢文の句法を押さえて点を上積みする

東大の漢文は記述のみです。日本語で答えを60文字程度で論述していく形式で、書くのに時間がかかります。

答案を書くときに、得点を堅実に重ねていくメルクマールがあって、漢文は特に句法に沿って解答欄を埋めていくことです。

対策授業では、句法を意識した論述の仕方を練習します。

世界史

単純暗記の問題で合格点に到達させる

試験に出題される用語を授業の最初で提示して、学校の授業よりも早い段階で定着させるのが、最も効率が良い学び方です。

暗記する必要はなく、学校の授業で説明を聞いたときに、1回で頭に入るように勉強するのがおススメです。

塾では、要点だけ、スピーディーに指導しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました