慶応高校の一般入試対策、英語で高得点を狙う授業

高校入試、英語の問題の全体像

世間一般の想像と異なり、様々な学校から慶応高校への入学者が集まっています。

1) 英文法の出題が続いていて、配点が高い

高校1年生10月までの内容が英文法として出題されています。英文法の説明を塾で受けるのが好きな生徒でも、かなり間違える出題なので、集中的な練習が必要です。合否に、得点率がかなり影響します。

2) 読解問題で日本語での内容説明が出題される

英語が得意なのだけど、日本語で内容を説明出来ないと低い得点に甘んじることになります。日本語で説明出来るように問題練習を対策授業では演習を毎回、テストゼミ形式で行います。

3) イディオムの配点比率が高い

英語の熟語、語法を問う問題が出題されますが、中学生には問題演習をする機会が不足しています。最大の困難は、中学校のカリキュラムが非常にタイトで、イディオムに関心が向かない点です。対策授業では、予想問題を解くことで万全な対策を行います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました