夏期講習、第10日目、慶応湘南藤沢中等部、国語対策を木曜17:15開始

未分類

1) 学習の重点目標

200文字作文対策を重点的に行います。次いで、記号問題の正答率を100%に近付けること。最後に、抜き出し問題の精度を上げること。

2) 200文字作文に毎回書かせると有効

「書くこと」が楽しくなる授業というものが存在します。簡単。「せ~の」で全員が18分かけて問題を解きます。「時間で~す」の合図で終了し、全員で面白い答案を考える会を始めます。興味があれば、ここで、全員の答案を見せる会を開催します。

そして・・・

改めて、各自がベスト答案を書き直します。

3) 記号問題で満点を狙う方法

問題文に慣れていなくてバツが多い児童しか、いません。慣れるまで、問題数を少なくして解かせていきます。

すると、短時間で偏差値で11上がります。中学受験の偏差値って、意味ないでけど。

4) 抜き出し

覚悟を決めて取り組む方法。一所懸命を教えれば、直ぐに満点を出せるようになります。

解く問題数を絞って、確実に消化させるのが国語のコツです。

闇雲にたくさん、読解問題を解かせてはダメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました