塾の特徴

方針

  • 説明をしない塾 問題演習をするときに、解き方の説明をしません。自力で解答に到達する力を養うためです。特に、中学入試を経験された方で、中学2年生の秋以降に伸び悩む生徒は、説明を受けすぎているのが原因です。基本事項の解説、質問の対応は、もちろんしますが、過度の説明は生徒が問題を完答する力を養わないものとして、排除しています。
  • 中高一貫校の生徒が多い塾です。 東京都内を探しても、中高一貫校の生徒を専門に指導している塾は数少ないです。一貫校の専門塾はあるにはあるのですが、ムダに難しい問題を解かせている予備校のような塾や、時代に合わない古典的な英文を畳に座らせて解かせる塾ばかりです。大森ゼミナールは、一貫校の生徒が本当に困っている学校の授業の理解を深めてくれる塾です。
  • 帰国生向けの専門塾です。帰国入試の対策(中学受験、高校受験、大学受験)がメインですが、帰国入試に合格した後の学習も、負けず劣らずメインです、いや、むしろ合格後の方が塾としては比重が大きいです。国公立大学合格を目指す塾なので、必然的にそうなりますが。
  • 英語を得意にしたい一般生も数多く通っています。また、数学も実力を兼ね備えた講師が指導していますので、医学部志望のの理系はもとより、数学を用いて経済分析をしたり、多変量解析をする研究計画を立てている進学校の生徒が通っている塾です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました