中学受験国語、25日間完成出来る理由

大学入試の国語での出題の大きな変化に伴って、中学受験国語も傾向が新しくなっています。国語の講座は、新しい傾向に沿った内容に刷新しています。

25日間完成が「なぜ?」可能なのか

国語の入試で出題出来る問題の種類は限定されています。実際に出題出来る設問の形式は極めて少ないのです。その僅かなタイプ分けを全て紹介しても25日しか要しないからです。

まず、中学受験、国語の出題の全体像を結論から教える

簡潔に授業で結論を伝える練習を講師が繰り返す必要があります。児童ではありません。保護者でも、ないです。教える講師です。短い時間で要点を伝える、質問する技量を磨いている講師に習えば、直ぐに全体像は理解出来ます。

偏差値を上げるには、素材文を新たに投入してレベルを上げます

模擬テストの結果で、我が子の学習の成果を測定している保護者がほとんどなので、数字で語ります。テストで出題される典型問題を最初の25日で伝えた後は、レベルを上げる学習に切り替えます。

素材文、問題文のレベルを上げていくことで、児童の学力を向上させていきます。

最後に、志望校別の練習をします

偏差値は届いているけど、「謎の」不合格の原因は、志望校対策が不足しているからです。学校が要求している型が、それぞれあって、対応が間に合わなかった、お子さんが残念な結果になります。

受講生の数を絞って、少なくして、確実な理解と合格答案の作成をもたらします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました